墓石専門筒木石材ブログ

安城市 市営墓地 上台まで施工しました。

  • 更新日:2013年01月16日

おはようございます。

風邪になりそうでなんとか耐えている
ここ数日。。

冬に風邪をひくと寒さ + 悪寒があるんで
なんとしても避けたいところ。。

さて、地元安城市での工事を紹介

 

前回はここまでの工事が完了しています。

コンクリートもこれ以上ない程にしっかりと
固まっています。。

お墓本体の一番下の部分四ッ石を据えていきます。

通称 ガッチャと呼ぶベルトをきつく締めて
四ッ石をきっちり固定。

石の繋ぎ目にはステンレスの金具で補強。

ステンレスは鉄などにくらべ錆びに対して
とても強いので長い年月にも耐震効果が
期待できますね。

四ッ石の上には中台と呼ばれる石を設置。

真ん中の納骨穴からお骨を納骨します。

中台中央の穴に地震対策のステンレス製の棒
を通します。

中台の上に上台を設置。

今回の工事はここまで。
後は棹石をはじめ、花立、香炉、水鉢を設置して完成となります。。

今回、使用している石材は九州・福岡から採掘される御影石。

色合いは非常に上品な青御影石でその中に
少しベージュというかピンクっぽい色合いも
混ざっていて味わい深さもある石です。

採掘される原石は非常に大きい原石で採れるため品質も安定感抜群と言えるでしょう。

ここ数年で最も人気の出てきた石になります。

完成が楽しみですね。。

さて、本日も安城市にて外柵工事が行われています。

この季節、現場ならではの辛さが気温の寒さよりも水の冷たさ・・・

工事では水が必要不可欠なんですけど
気温以上に水の冷たさは堪えるものがあります。。

ハンドクリーム & 水暖めヒーター &
根性で乗り切りましょう。。

水暖めるヒーターがあれば根性はいらないか~(笑)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※2015年12月31日にURLを変更した為、SNSボタンの数はリセットされております。
旧URLでシェアやリツイート等していただいた場合、新URLにリダイレクトされます。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

この記事を書いた人

筒木石材 筒木敬介

筒木石材 筒木敬介

「素敵なお墓作りになった」「早く親族にも見てもらいたい」

そう言ってもらうためには、どうすればいいのか?
どうすれば喜んでいただけるのか?を絶えず考えています。

専門家として向上心は忘れず。
お客様と同じ目線で悩み事や心配事を共に考えより良いお墓作りのアドバイス・サポートをさせていただければと考えています。