国産の石の紹介

国産の石とその価格

香川県産 庵治石 細目最上級(あじいし こまめ)

 知名度・価格共に国内最高峰の石です。
 石の特徴としては 「斑(ふ)」 とよばれる模様がこの石の最大の魅力です。 ※石目の写真をクリックして拡大画像を見てみてください。まだらな感じの石柄、 これが 「斑」 と呼ばれます。

 実際にこの石を使用したお墓を見るとホントに惚れ惚れします。国内でも最高の石だと思います。
 ただ庵治石と一言に言っても厳密には何十種類とあります。

 価格の面でも同じ庵治石の名前を冠していても種類ごとに大幅な差がでてきます。(石の等級の差)

 庵治石の場合、「石目はより細かく」「石の色はより青く」「斑の模様がより均一」なもの程、等級の位が上位とされています。筒木石材では 「今」 採掘される原石を確認する事でよりよい庵治石を入荷するように心がけています。

もっと見る 庵治石 細目の価格 庵治石 細目の施工例

香川県産 庵治石 中目最上級(あじいし ちゅうめ)

 「庵治石」 には大きく分けて 「庵治石細目」 と 「庵治石中目」 があります。石の目合いが細かいか粗いかの差で「細目」と「中目」と分かれます。 名前は同じ庵治石ですが実際に見ていただくとまるで別物の石に見えます。









まずは
庵治石 細目 最上級 ⇒⇒

庵治石 (細目最上級)03

「無条件に見る人を圧倒します。」

 僕の見解では 「庵治石 細目 最上級」 は別名 「石の天の川」。

 細かい石目のなかに流れるような石の模様。悠久の時の中で大自然が作り上げた奇跡の石です。 その姿は正に大空に輝く「天の川」を思い感じさせます。


次に
庵治石 中目 最上級  ⇒⇒

庵治石(中目最上級)03

「見る人の心を奪います。」

 見た瞬間のインパクトは 「庵治石 細目 最上級」 には及びません。

 しかし粗い感じの石の目合いの中に浮かぶ 「青い斑」 が今日より明日、という具合に見れば見る程この石に魅了されていきます。

 僕の中では 「庵治石 中目 最上級」 は別名 「石のダイヤモンドダスト」 まるで氷の結晶のような透き通る繊細な美しさと、その存在感をアピールする力強さを兼ね備えています。




 この庵治石中目も何種類かあります。「石目がより細かく」「石の色合いがより青く」「斑が均一」な石程、位が上位とされます。

 庵治石中目も、庵治石細目同様採掘される時期により見た目に差がでてきます。 常に山の状態を確認することで高品質を目指しています。

もっと見る 庵治石 中目の価格 庵治石 中目の施工例

愛媛県産 石善石 (いしぜんいし)

 魅力はなんと言っても美しい青御影石の色合いであります。それもただ青って訳ではなくいろいろな色が混ざり合って総合的に「青御影」に見えるという事です。

 「深い青系」の御影石がどれ程美しいかは、実際に建っているお墓を見ていただくと分かると思います。

 更にこの石の魅力の1つとして挙げられるのは、時の経過と共により青さが深まっていくという点です。

 もともと石は、雨によって変色していきます。例えれば衣服が濡れると色が濃くなる。と同じ現象です。

 ※ただし黒系の石など水に濡れても変色しない石も中には存在します。

 石善石は雨による変色が進めば進む程に青みが深まり 「ディープ・ブルー」 と変化していきます。

 時間が経つほどに美しい。正に 「100年品質」 にふさわしい石と言えるでしょう。

もっと見る 石善石の価格 石善石の施工例

愛媛県産 大島石 (おおしまいし)

 別名「石の貴婦人」と言う名前を称され当時から墓石として多く使用される石材です。

 中細目の石で「白御影石」の部類に属し、品のある上品な石として紹介されています。

 原石が非常に安定して多く採掘されるために墓地で見る大島石のほとんどが
 逆輸入で仕入れたものになります。


 注意事項・・・あまりにも価格の安い大島石は後々に石錆がでてくる恐れがあります。

 例外として大島石の中には逆輸入品ではなく、国内のみで流通するとても品質に優れた石があります。
 その場合は「白御影石」ではなく「青御影石」の部類に入ります。
 質の確かな大島石を希望する場合はこちらをおススメしています。 

もっと見る 大島石の価格 大島石の施工例

佐賀県産 天山石 (てんざんいし)

 中目系の青御影石で石の硬さで言えば国内トップクラスの石です。

 濃い色合いの青御影石で雨による変色がほとんど見られず、長年に渡り「変わらない」美しさを見せてくれます。

 採掘される原石も非常に安定していて、愛知県では非常に人気のある石で、デザイン墓石に使用しても石の美しさがとても映えます。

 原石が非常に多く採掘されているために墓地で見かける天山石のほとんどが逆輸入で仕入れたものになりますが一部の厳選された原石は逆輸入ではなく国内のみで流通しています。品質にこだわる場合はこちらをおススメしています。

 ※石の等級が何種類か存在しており基本的には等級の低い原石を逆輸入します。

もっと見る 天山石の価格 天山石の施工例

岡山県産 備中青みかげ石 (びちゅうあおみかげいし)

 国内唯一とも言える「緑系の石材」

 日本から採掘される石の多くは花崗岩(御影石)がほとんどであり、それらが墓石用の石材として使用されます。

 その中で備中青石は「閃緑岩」という種類に属しています。閃緑岩は花崗岩と比較して色が黒っぽいのが特徴です。


 石自体はおススメですが、この石は安定した原石の供給が難しいです。採掘される原石がとても小さい上に、その原石の石の色合い、石目のどれもが違うのです。

 こだわった石の入荷をする際は納期半年以上が望ましいです。

もっと見る 備中青みかげ石の価格 備中青みかげ石の施工例

岡山県産 万成石 竜王(まんなりいし りゅうおう)

 国内で採掘される石の中で最も特殊な石の色合いをしている石材の1つ。ベージュ系の色合いの御影石です。

 実は愛知県地方でも古くから墓石用の石材として使われてきています。

 一見すると派手な見栄えの様にも感じられますが、実際に建っているお墓を見ると以外な程シンプルな石です。

 和型のお墓はもちろん、デザイン墓石に使用する石としても相性が良いと言えます。

もっと見る 万成石の価格 万成石の施工例

香川県産 青木石(あおきいし)

 上品で優しいイメージの御影石と言えば青木石です。

 品の良い御影石で飽きのこない石目です。青木石は石の色によってタイプ別で 「白口」 「黒口」 「青口」と区別されています。好みによって分かれますが青口が人気です。

 原石自体は安定している方ではありますが、場合によって不安定な時期もありますので原石状況の確認は必要になってきます。

 価格は白口 黒口 青口 の順で高くなってきます。

 ※あまりに価格の安い青木石は後々に石錆びがでてくるおそれがあります。

もっと見る 青木石の価格 青木石の施工例

福岡県産 唐原石 (とうばるいし)

 中細目の石目の青御影で、近年もっとも人気の高まった石の1つです。

 吸水率や硬度など石の質の面でも良質と言え、日本で採掘される石の中で非常にバランスの良い石。青御影石の中に少し赤味がかった石の模様がとても柔らかな印象を持たせてくれます。

 原石が非常に安定して多く採掘されるために墓地で見る唐原石のほとんどが逆輸入で仕入れたものになります。

 唐原石の場合は「逆輸入仕入れ」と「国内加工」の2パターンの選択が可能です。

もっと見る 唐原石の価格 唐原石の施工例

福岡県産 内垣石(うちがきいし)

 国内の石の中でトータルバランスが最高峰の石と言えます。

 石の色合いは濃いグレイ系で石の目は中細目の御影石です。雨水による水の変色もなければ、日光による石の色褪も少ない全ての面においてレベルの高い石と言えます。

 しかし採掘される原石が時期によって変わってきます。具体的には石傷や石ムラなどがでて、品質的に不安な時期があるという事です。

 なので原石の状態確認をしっかりと把握する事が特に大事と言える石材です。

もっと見る 内垣石の価格 内垣石の施工例

愛知県産 宇寿石 (うすいし)

 何十年も前からお墓に使われる石材として使用されており、愛知県(安城市)の墓地に行けば非常に多くこの石を見る事ができます。

 薄ピンク系の御影石ですが、年々、時を重ねるにつれ色が濃く変化していきます。(雨水による石の変色のため)

 灯籠や彫刻品、またはお城などでイメージするような、石垣の材料としても使われています。

もっと見る 宇寿石の価格 宇寿石の施工例

愛知県産 花沢石(はなざわいし)

 愛知県でも豊田市で採掘される御影石。

 石自体の目合いは細かく、色は薄ピンク系の色合いとなります。墓石としてはもちろんですが、石積みの石としても非常にキレイな石です。


 石傷や石のムラなど原石の品質に対してやや不安定な部分がありますが、厳選した原石を使用したお墓はとても美しいです。

もっと見る 花沢石の価格 花沢石の施工例

愛知県産 夏山石(なつやまいし)

 愛知県岡崎市で採掘される石の中で中目と呼ばれる石です。

 昔ながらのお墓をイメージさせる御影石で、色合いもシンプルなグレイ系です。

 愛知県ではとても古くからお墓に使われる石材として使用されてきました。

 愛知県ではとても古くからお墓に使われる石材として使用されており、需要も高い石でありましたが最近になって採掘元が閉山したため、入手は極めて困難と言える石となっています。

もっと見る 夏山石の価格 夏山石の施工例

愛知県産 牛岩青石 (うしいわあおいし)

 愛知県岡崎市で採掘される石の中で最高峰の御影石。
 青系で非常に細かい石目です。石の目が細かい石は総じて文字を彫刻した時にその文字が映えるのが特徴の一つ。

 牛岩青石は通常の大きさの墓石よりも、サイズの大きなお墓になればなるほど石の良さが実感できる石です。
 墓石の価格自体は少しずつ上昇しています。

もっと見る 牛岩石の価格 牛岩石の施工例

福島県産 吹雪石(ふぶきいし)

 石の名前通りの御影石。石自体の模様が「吹雪」の印象にぴったりの石です。

 石の色合い自体は薄緑をイメージさせる感じで上品さと大胆さの両翼を兼ね備えた良質な石材と言えます。和型墓石・デザイン墓石の双方で石の魅力を発揮してくれる石でしょう。

 サンプルの小さな板石ではなく、実際のお墓を見るとその良さを実感できると思います。


 安定した原石の採掘が行われています。

もっと見る 吹雪石の価格 吹雪石の施工例

茨城県産 真壁石(まかべいし)

 東北・関東の方では特に多く使用されてきましたが近年では愛知県でも広く普及しています。

 真壁石と言えば日本でも代表的な白御影石の1つです。

 原石が非常に安定して多く採掘されるために墓地で見る真壁石のほとんどが逆輸入で仕入れたものになります。


 石色は優しい感じの白系でありながら石の目は少し粗目の中細目系で石の「柄」が強い石でもあります。

もっと見る 真壁石の価格 真壁石の施工例

福島県産 あだたら御影石(あだたらみかげいし)

 日本で採掘される石の中で最も正統派の白御影石。

 通常、白御影とは言っても色々な色が混じり合い結果として「白御影石」と呼ばれるのですが、この石はその中でも純粋な「白御影」と思います。

 ただ石色が白系のため、日による色褪せは心配いりませんが水による変色は避けられません。

 ※水による変色は石にとって悪影響があるわけではありません。




以上が国内で採掘される石の紹介となります。
国内墓石の価格帯としてはおおよそ80万円〜450万円程となります。

現在、日本で採掘される石はこれら以外にも多くありますので他の石の情報も知りたいと思われる方は是非ご相談下さい。

無料進呈中!お墓の資料請求!
筒木石材へのお問い合わせ