友人のお父さんのお通夜、家族葬に行ってきました。。

こんにちわ。

 

筒木石材の加藤です。

 

 

先日、友人のお父さんが亡くなられ、お通夜に行ってまいりました。

 

葬儀は、家族葬と言う形をとっており、周りに葬儀の事をあまり知らせていない為、直前まで私は知りませんでした。

 

 

家族葬とは、最近よく知られるようになりました葬儀の方法の一つで、

 

家族、近親者のみ参列し、他の参列者への気遣いや、対応に追われることをなくして、故人と最後の時間をゆっくり過ごす事を重視した葬儀のようです。

 

 

私は家族葬をよく知らなかったため、参列してよいものなのかを友人と話し合い、他の友人にはあまり広めずに、僕たちだけで行く事にしました。

 

その家族葬では、お香典などは受け付けないという形でしたが、お香典は礼儀だと思い、いちお準備して持っていきました。ですが、やはり葬儀場の入り口には「お香典などは固くお断り致します。」と丁寧な説明がありました。

 

 

家族や近親者のみの参列を希望した家族葬でしたので、やはり私たちが行く事が申し訳ないという気持ちがありましたが、友人のお父さんにはお世話になっておりましたので、行って最後の挨拶が出来てよかったと思っております。

 

地元は田舎のため、世間は狭いと言われるように、葬儀が執り行われている事は広まっており、家族葬といえども、ご家族以外にも沢山の方々が参列されていました。

 

 

明るく振る舞ってくれた友人に何も声をかける事が出来なかった僕は、人としてまだまだ未熟だと思いました。

 

 

 

今、私たちのところへお墓を建てるご相談に来ていただいている方や、実際に建てていただいた方も様々な思いで故人とお別れをしてきているのだと思うと、

 

より一層気を引き締めて、お墓を建てるお手伝いをしたいと言う思いになりました!!!

 

筒木石材を選んで下さいまして感謝です!

ありがとうございます!!!

 

懇切丁寧に対応させていただきます!!!