墓石に使われる石って? パート2

こんにちわ!

今日はいかがお過ごしでしたか?

まだまだ、昼間が暑い暑い!残暑はいつ終わるのでしょうか。。。

 

さぁ今日も勉強!

お墓に使われる石はマグマがゆっくり冷えて固まった岩「火成岩」とまで聞きましたが、 その火成岩も大きく分けて2種類あるとの事です。

 

 

その2種類とは、

マグマが急激に冷えて固まった岩が「火山岩」

マグマがゆっくり固まった岩が「深成岩」

と、速度によって火成岩の種類が変わるそうです!

 

 

そしてゆっくり固まった深成岩は御影石と呼ばれ、

御影石は硬質で風化にも強く、磨くときれいな光沢がでるお墓に適した石で、お墓によく使われるようです。

深成岩 庵治石 

写真:深成岩の一種「庵治石」

 

ただ、ゆっくり固まるとか、早く固まるとかいったいどれくらいの年月なんだろう?

 

1年や2年じゃ無理だろうなーってネットで調べてみたら、

火山岩は地表に出たマグマで1年も経てば手で触れる程度の固まるようなので、すぐに出来るようですが、

 

深成岩はなんと、 早くて100万年!!

それよりももっと長い時間をかけて ゆっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーくり固まるとの事です!!

 

 

100万年より前ってアウストラトピテクスやジャワ原人などがいた原始時代!!

その頃のマグマが今の墓石に変わってるってことなんです!!!

 

なんか地球のすごさというか偉大さを改めて感じます!!!

 

またひとつ勉強になりました!

ありがとうございます!