お墓って水を吸いやすい石と吸いにくい石があるの?どっちがいいの?悪いの?

こんにちわ!

昨日は友人の結婚式に行って参りました。 小さな頃からな幼なじみで、感慨深いものがありました。

 

幸せになってもらいたいです!!!

 

 

今日は墓石の種類を勉強中に思った疑問をご紹介します!

「お墓って水を吸いやすい石と吸いにくい石があるの?それはどっちがいいの?悪いの?」

です!

 

石の種類はたくさんあり、特徴も様々です!

いろいろ調べましたら、石は水を吸うそうなんですよ!

石には目では分からない、小さな小さな隙間があり、そこから水が入るので、 水を吸わない石はないそうです!!!

 

それで、水がかかって変色する石や、水がかかっても変色しない石があります。

石の吸水率によって見た目でもわかるくらい変色するそうなんです!

 

吸水率の低い石は、石の中身が詰まっていて、小さな隙間が少ない事になるので、その分水が入りにくくなります。

 

逆に、吸水率の高い石は、中身が詰まっていないので、小さな隙間が多い事になり、その分水を入りやすいと言う事になります。

 

で、僕の疑問の、どっちがいいのかですが、

お墓の劣化の原因は、水によるものがほとんどなんだそうです!!!

 

えーーーーっと思いましたが、よくよく考えてみれば分からなくもないですよね。

 

だから、答えは一目瞭然!

吸水率が低い石、水を吸わない石の方がいい!!!

 

・・・と思いきや!!!

 

水を良く吸うからといって、すぐに墓石が劣化するとかではないようです。

昔々に建てられた墓石も表面がざらざらしているかもしれませんが、 今でも、しっかりキレイに建っています!

 

ん〜ということは、僕の調べた限りは、水を良く吸うから悪いとか、良いとかではなく、 そういう特徴があるんだって理解すること!!でした。

 

特徴を理解して、自分の好みにあった、墓石を探して見る事が、満足出来る墓石探しにつながるんだな〜って思いました!

 

今日も良い勉強になりました!