墓石の国産と外国産の違いって?

おはようございます!

筒木石材の加藤です。

 

今週末10kmマラソンに出ます!

楽しみです!

それで昨日ランニングシューズを買いました!笑 今頃って言う話ですよね。。

その程度のランナーですが、自己記録1時間のタイムを切りたいと思います!

 

 

墓石には国産と外国産と種類があるのはご存知でしょうか。

 

日本国内には昔から墓石として使われております、伝統のある石から、

日本でしか見られないような石目の墓石があったりなど、すごく種類がございます。

 

外国産も同じく、様々な色や石目の墓石がたくさんございます。

そこで何が違うのかと言いますと、根本的には違いはございません。

同じ地球で出来た石ですから、外国産でも品質の良い石が沢山あります。

 

ただ、外国産の石にはある問題点がございます。。

それは、石のスジや、傷が見られる場合がある点です。

 

というのも、石山から原石を採掘した際に、スジや傷があるのは日本でも同じことなのですが、日本ではスジや傷が見られた場合はその石を使わず、きれいな原石を使用して加工してまいります。ですが、外国では、そのスジや傷があってもそのまま加工をし、薬を使ってスジや傷を隠してしまうのです。

 

そこが国産と外国産大きな違いです。

 

薬で隠されたスジや傷は、数週間で発覚する事もあれば、

3年とか経ってようやく発覚するような事もあります。

その傷などが原因で墓石が崩れたりといった事は、よっっっぽどございません。

ですので、そういった場合があるとご理解頂きたいと思っております。

 

このような説明も、いろいろな石材店で伺っていくともっと理解していただけると思います。

 

今日もよい天気です!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!